닌타마 육군 소장 칸자키 사몬의 블로그

山村 喜三太 ( やまむら きさんた ) - 忍たま 漫画 関連 階級説明 解説

작성일 작성자 칸자키 사몬

 

1年生 は組 山村 喜三太 (やまむら きさんた)     階級 : 少尉 (しょうい)

 

 

 

忍たま 階級 - 乱太郎 漫画 キャラクター情報

忍者活動 所属

キャラクター名称

山村 喜三太

忍たま 陸軍

平仮名 表記

やまむら きさんた

学年

1

組(班)

所属 委員会

用具 委員会

実戦能力 階級区分

尉官階級

実戦能力 水準区分

士官

忍者活動 実戦階級

少尉

忍者活動 専門分野

眩惑術

写真出処 表記

18期 7話

 

 

 

山村 喜三太の実戦 階級は 1年生 全体 階級の中で 最も 高い 尉官

 

階級に 属しており 3番目に高い 陸軍 少尉です。実戦能力は 若干

 

優秀な方で、特にナメクジを育てる場合があるが この専門分野の

 

場合 眩惑術(げんわくじゅつ)に該当するが、ここでは ナメクジを

 

利用して 他の人を 気絶させたり または 眩惑させることができる

 

その技術能力を 多く扱うことができます。

 

 

 

元来 階級は 同じ 班(組)の同期 福富 しんべヱ ( ふくとみ しんべ

 

え , 階級 : 准尉 )と 同じ 階級に 該当する 陸軍 准尉に 設定した

 

が たとえ ナメクジを持って 他人を気絶させる 技術である 眩惑

 

術は ちょっと 特異な技術としても、ナメクジを育てながら どん

 

な危険な状況に直面(ちょくめん)しているとき、ナメクジの犠牲

 

精神 (ぎせいせいしん)を甘受しながらも 他人を 気絶させる能力

 

を持っていたが、生命に 対する その大切さを 悟らせてくれた

 

ら実戦階級を もう一度 陸軍 少尉に 設定してくれました。

 

 

 

このキャラクターに 対する 主な 活動分野は 眩惑術だが ナメク

 

ジの犠牲精神を甘受しながらも 他人を 気絶させることができる

 

その技術能力を持っており、他人を気絶させた後に いち早く ナ

 

メクジを 壺に全て入れて逃げる技術も 認めることができる能力

 

である ために、実戦 能力のそのレベルを 士官級 水準に 設定を

 

しており 写真 出処は 18期 7話で 参考にしました。

 

 

 

( 忍者軍人[にんじゃぐんじん] 階級[かいきゅう]で言えば、陸軍 少尉です。)

 

 

 



맨위로
통합 검색어 입력폼